ねこ撃退を慎重に行わなければならない理由

subpage-img

ペットとして人気を集めているねこですが、飼い主がいなくなり野生化してしまったねこの数が増加しているため問題になっています。

飼い主がいれば食事や排泄の世話をしてもらえますが、野生化してしまった場合は世話をする人がいないので餌を求めて徘徊したり、公共の施設や場所に排泄をするので困っている人が多いです。

ねこは繁殖能力が高いので、避妊や去勢手術をしておかなければ数が増えてしまい、人間の生活にも影響を及ぼします。被害を受ける前に、ねこ撃退をしなければなりませんが、慎重に行う必要があることを知っている人はそれほど多くありません。



なぜねこ撃退を慎重に行わなければならないのかということを知った上で撃退するようにしましょう。

YOMIURI ONLINEが最近こちらで話題になっています。

慎重に行わなければならない理由はいくつかありますが、もっとも大きな理由は野生化しているように見えても飼い主がいる場合があるからです。



ねこは犬と違い飼育されているかどうか見極めることが難しい動物です。
行動範囲も広いので、飼い主の傍を離れていることも少なくありません。

飼い主がいるにも関わらず、撃退をしてしまうと飼い主との間でトラブルになってしまうケースもあるので注意しましょう。
ねこ撃退の際に、ねこを傷つけたり危害を加えることは禁止されています。被害を最小限に抑えようとして危害を加えてしまうと罰せられる可能性があることを知っておきましょう。
撃退することだけにとらわれず、慎重に行動することが大切です。

top