ねこ撃退は結構難しいものです

img1-1

戸建て住宅などで少し庭が広かったりすると、買い主がいるいないに係わらず猫が訪れて、日向ぼっこをしたり、悠然と散布するというのはよくある光景となっています。のんびりとしていて、可愛い仕草などをされると、ついつい餌をあげたくなったりしますが、ねこはなつくと離れないで、いつもやってくることになります。こういう状況を望む人ももちろんいますが、家庭菜園を歩き回わられ、糞や尿をまき散らされると、ねこ撃退をしたくなるというものです。

特に糞は独特の臭いを伴っていますので、鼻についてとても嫌な感じになります。

しかも、一旦落としたところには、臭いを頼りに再び落とすという性質があるので、厄介なことになります。
そこで、ねこ撃退法ですが、実は決め手になるものは割合と少ないと言われています。


まずは、囲いをしっかりして外部からの侵入ができないようにするというものですが、1メートル程度のフェンスを張り巡らせても、ねこのジャンプ力からすれば難なく乗り越えられます。
2メートルはさすがに無理だとしても、それでは家の景観が悪くなります。中間で1.5メートルはどうかと言うと、直接飛び越えられないとしても、近くの電柱や物置などを利用して超えることは容易です。



下から入るのを防ぐ棘付きのマットもありますが、あまり効果はありません。

ねこが嫌がる音を利用した機械装置でねこ撃退するという方法もありますが、効果があるのは特定エリアに限定されるということになります。

goo ニュース情報はどれが良いのか悩んでいる人の参考となるサイトです。

ねこが嫌う臭いの固形物で寄せ付けないという方法もありますが、こちらも置いた場所の付近は効果があっても、全体に及ばせるには、かなりの量が必要になります。


というわけで結構難しいので、これらを総合的に工夫すること、見かけらた追い払うことで対応するしかなく、そして野良猫などが多くて手に負えないというときは区役所などに相談するのが早道ということになります。



生活関係の真実

img2-1

ペットとして人気を集めているねこですが、飼い主がいなくなり野生化してしまったねこの数が増加しているため問題になっています。飼い主がいれば食事や排泄の世話をしてもらえますが、野生化してしまった場合は世話をする人がいないので餌を求めて徘徊したり、公共の施設や場所に排泄をするので困っている人が多いです。...

more

よく解る情報

img3-1

昔から家の中に入り込み騒音や悪臭を放つ害獣と言えばネズミが代表的となっていますが、自然環境の減少から最近ではいたちが家の中に住みついて被害を受けている家庭も多くなっています。ねずみよりも学習能力が高く警戒心も強くて凶暴ないたち駆除は、徹底した対策と根気が必要になってきます。...

more

生活の秘密

img4-1

いたちは学習能力の高い動物なので、一度警戒されてしまうと駆除の難易度が上がり、余計に時間や費用が掛かってしまう事があります。また、いたち駆除を行う場合は地域によって各自治体への捕獲許可申請や狩猟免許が必要になる場合があるため慎重に行わなければなりません。...

more

基本知識

img5-1

いたちとは、イタチ属に分類される肉食哺乳類動物の事です。見た目は可愛らしいですが、性格は凶暴で、肉食なので小鳥やネズミなどを捕食します。...

more
top